top of page

写真の学校「東京写真学園」 星空撮影ワークショップ

先日、東京写真学園にて星空撮影ワークショップの講師をさせて頂きました。


今回は、君津駅に集合して鹿野山に車で移動しました。あいにくの天気の中、数時間の晴れ間を狙って敢行しました。本当にどうなるかと思いましたが、狙い通り雲が切れ、星空が出てくれました。


正直なところ、私個人としてはアラスカで吹雪が止むのを2週間待ったり、狙っているところにオーロラが出現するまで数年通ったりするので、ネイチャーフォト=決定的瞬間を待つもの。でもあるのですが、受講してくださった方々は、お金を払って頂いているので何とか晴れて欲しいものです。とは言ってもやはり自然とは人間の力ではどうにもできないものです。ご自身で撮影に行かれる時は、ぜひ待つ時間や肩透かしに遭う事も楽しんで頂けたらと思います。


幸いにも、受講して頂いた方からは、また開催する際には連絡が欲しい旨のお声を学校側に頂いたそうで、本当に嬉しい限りです。


講習中に探る楽しさを実感して頂けたようで、「これはなかなか面白い」というコメントが印象に残っています。そう、自分自身の「これだ!」という写真を撮るために、自分なりに探る事、追求する事が大切です。そしてそれを楽しむ事も。好きで始めた写真、興味があって始めた写真、だからこそ楽しんでください!


また何らかの形でワークショップを行いたいと考えております。東京写真学園さんとも相談しながら楽しい企画をしていきたいです。


閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

2024年の私に必要な事

2024年になり、少し時間が経ちました。 昨年も大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。 さて、今年はというと、タイトルにした「私に必要な事」に注力する1年にしようと考えています。原点に立ち返る復習の年にしよう。 仕事はずっとデジタルでおこなっていて、今後もデジタルでおこなうでしょう。 そこは変わらないと思います。 当然、一つ一つの撮影を大事にしていることは、一貫して変わらないので

Commenti


bottom of page