top of page

星住職(千倉 龍光山 高徳院)帰路に

昨年、京都まで前行でお前立ち観音様を大八車で引いて歩いた星住職。

今年は8月28日に京都を出発して、完成した観音様を引いて南房総へ。











高徳院のある千倉には、日本で唯一、料理の神様を祀った高家神社があり、

京都での出発式にて、高家神社の包丁式も執り行われました。



包丁というより刀でしょうか。箸と包丁だけで鯉を捌き、お供えとして捧げます。


出発式を無事に終え、住職の万民豊楽を願う「日本廻国」が始まりました。



次は、箱根の山越えで合流して撮影する事となっています。

恐らく、生きている間に1回の経験となるでしょう。

このような貴重な機会に撮影チームとして参加でき、嬉しいですね。


実際のところ、私自身は無宗教な人間なのですが、身の引き締まる思いがします。


星住職は、12月に入ると断食が始まるので、その準備も考えると行程は予定通りにしないと

いけません。大変だと思いますが、頑張って無事に帰ってくる事を願っています。



閲覧数:8回1件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年の私に必要な事

2024年になり、少し時間が経ちました。 昨年も大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。 さて、今年はというと、タイトルにした「私に必要な事」に注力する1年にしようと考えています。原点に立ち返る復習の年にしよう。 仕事はずっとデジタルでおこなっていて、今後もデジタルでおこなうでしょう。 そこは変わらないと思います。 当然、一つ一つの撮影を大事にしていることは、一貫して変わらないので

bottom of page