• sumiyoshi

耐えながら備える時期




大変な事になっていますね。日本史、世界史共に同じ時期に同じ事が起こっているので、未来の子供達は暗記が少し楽になるかもしれません。なんて事を言っている場合ではないのですが、しおれていても仕方がないですしね。


コロナウィルスによる自粛要請の中、止まってしまった仕事、止めずに進めようとしてやっぱり止めざるをえなかった仕事、進んでいる仕事。色々ありますが、現在進行形のものも、一旦止まっているものも、秋以降のスケジュールで新たにお声がけいただいたものも、本当に有り難いです。

幸いなことに、私の周りはコロナウィルスの収束後に向けて、また今回の事で業務フローのあり方から見直したり、水面下で着々と前に進んでいる人や企業様ばかりで元気をいただいています。


昨年の災害から続く一連の大きな出来事は、世の中が大きく変わる要因になると思っています。既に変わってきていますし。その中でまた淘汰の波が来ているのも事実で、現実とはある意味残酷なものです。明日は我が身と肝に銘じながら、今やるべき事と、未来のために今やる事を同時進行させているところです。

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

生きる事、お金の事

今、世の中が大変な状況で、持続化給付金を心待ちにしている個人事業主さんや小規模企業さんも多くいらっしゃる事と思います。私は生死には2種類あると考えています。 ひとつは、いわゆる生物としての生死。もうひとつは人間社会における社会的生死。 そして社会的生死は、今や日々を生きるという事と切り離せないものです。 「あなたが生きているだけで意味がある。」とはよく言われる事ですが、生きているだけでは生きていけ

© 2019 Yoshihiko Sumiyoshi.net Allright Reserved.